診療のご案内

診療のご案内

肩関節の疾患、スポーツによる外傷・障害、くび・肘・手・腰・ひざ・足の痛みやしびれ、
骨粗しょう症など、お気軽にご相談ください。

整形外科の疾患として、骨折や捻挫などのけが、肩関節の疾患、スポーツによる外傷・障害、くび・肘・手・腰・ひざ・足の痛みやしびれ、骨粗しょう症、リウマチなどがあります。

また、治療も内服、注射、リハビリテーション、装具療法、手術療法と様々なものがあります。

当クリニックでは、患者さまの背景を考慮し、最適な治療法を選択していきたいと考えています。
また、スポーツによるケガや痛みのある方に対しては、スポーツドクターとして専門的に診察・治療するとともに、スポーツ復帰後も再発予防・日常のコンディショニング維持のための指導も行っていきます。

診療方針

当院では、以下の方針を心がけ、診療を行っております。

  • 常に最新の医療技術、情報を取り入れ、最適な医療を提供する
  • 患者さまが安心して相談しやすい環境を提供し、丁寧に説明する

診療時間

診療時間

水曜、金曜午後、土曜午後、日曜、祝日、第4木曜午後

特色とする治療内容

肩関節疾患の診断・治療

肩関節疾患の診断・治療

中高年で肩の痛みにお困りの方は多いと思います。 夜間に強い痛みを感じたり、肩を挙げる際に痛みを感じたり、手が後ろに回りにくくなってきたといった症状は、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)、石灰沈着性腱炎、肩峰下インピンジメント症候群、肩腱板断裂、変形性肩関節症と呼ばれる病気で多くみられます。また、スポーツが原因となる肩関節疾患も多くみられますが、これらは専門的な診察やエコー・MRI検査などで診断が可能です。

治療はまず、内服・注射・リハビリテーションなどを行いますが、適切な治療を行っても症状が改善しない患者さまに対しては手術治療を選択する場合もあります。

当クリニックでは、提携医療機関の協力により手術治療も行っておりますので、ご相談ください。

スポーツ障害の診断・治療

スポーツ障害の診断・治療

スポーツ障害とは、反復練習による疲労性の障害やスポーツ中の特殊な動作により起こる障害(投球障害肩、テニス肘、ジャンパー膝など)であり、時に選手生命を左右する重篤な障害に至ることもあります。

これらは、無理なフォームや耐久力を無視した動作や練習が原因であることが多く、 早期診断・早期治療・再発予防が肝心です。正確な診断・治療がスポーツ復帰への一番の近道ですので、気になる症状のある方は、一度ご相談ください。

骨粗しょう症とロコモティブシンドローム

骨粗しょう症とロコモティブシンドローム

骨粗しょう症は、骨の強度が低下する病気であり、60歳代の女性の約50%が骨粗しょう症であるとされています。また、骨粗しょう症が進行すると、軽微な力で骨折を生じ、寝たきりになる可能性が高まります。

また、筋肉・骨・関節・神経などの運動器の障害によって日常生活動作の低下をきたす状態をロコモティブシンドロームと呼びます。当クリニックでは骨密度測定と、ロコモチェックなどによる筋力・バランスの評価を行い、薬物治療やリハビリテーションおよび生活指導を行います。

診療のご案内

初診の方へ

保険証を持参してください。また、現在服用中のお薬があり、薬局からの説明の文書・お薬手帳をお持ちの方は持参してください。 症状を十分にお伺いして、診察、検査後に適切な治療法をお勧めするよう努めます。

ご予約について

予約診療ではありません。
年始年末、GW、お盆などは電話などでお問い合わせください。

薬局・処方について

お薬は基本的に院外処方となっております。 同効薬や併用注意薬の内服を防ぐために、かかりつけ薬局をお持ちになることをお勧めします。

地域連携医療機関

高度な検査や入院治療が必要な場合は、連携している地域の基幹病院・専門医療機関を適切にご紹介させていただきます。

セカンドオピニオン

当院では、現在治療を受けている主治医以外の医師に診断や治療方針を相談し、今後の治療の参考にして頂くことを目的として、セカンドオピニオンをご案内しています。

セカンドオピニオンを希望される方には、紹介状(診療情報提供書)、画像診断フィルムや検査結果などの資料を提供しますので、お申し出ください。

CLINIC INFO

診療時間

診療時間

水曜、金曜午後、土曜午後、日曜、祝日、第4木曜午後

三条通り整形外科
(整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・内科 )

〒630-8236
奈良県奈良市下三条町25−1
寅松ビル2F

  • 三条通り沿い
  • JR「奈良」駅より徒歩6分
  • 近鉄「奈良」駅より徒歩7分
  • 提携駐車場あり
このページの先頭へ